印刷

サイトマップ

プロフェッショナル揃いの印刷業界

プリンター


印刷業界の今後ってどうなの?という疑問をよく聞くのですが、印刷関連の業者さんとよく接する身としては「無くなることはないだろうな」という印象を持っています。そもそも、世間一般が考える印刷業界って、単に何かを印刷するだけというイメージが先行しすぎているような気がするんですよね。お恥ずかしい話ですが、社会に出るまでは私もそう思っておりました。しかし、印刷会社の仕事って多岐に渡るんです。実はある程度の規模の印刷会社なら、必ずデザイナーさんがいます。これが非常に重要なんですよね。単に何かを作って印刷するだけなら、備え付けのパソコンソフトで作ってコピー機で印刷して終了でいいでしょう。しかし所詮は素人の浅い知恵で作った代物。とてもではありませんが、人の心をとらえ、感動させられるようなものではないのですよ。例えば商品をPRするための資料。これも見せ方一つで良い品がダメな品に見えてしまいます。こういった良し悪しを判断し、上手くコントロールできるのがデザイナーさんなのですね。そしてデザイナーさんは、自社の印刷機の色合いを熟知しています。パソコンの画面上で見える色と、印刷すると出てくる色は結構異なるものなんですよね。こういったことも計算した上でデザイン、印刷をしてくださるので、我々のような素人では到底太刀打ちできません。世の中には様々なコンテンツがありますが、その中でも印刷物は依然として多いですし、人の心を揺さぶるのも印刷物だったりします。なので、印刷業界ってどうなの?と聞かれても、私は「無くなることはないでしょう」と答えるでしょうね。

印刷業界について


自分は現在28歳の男性会社員をしております。自分は営業職をおこなっており、主な仕事になることは商品を紹介するためのホームページの開設などが主となっております。これは最近の話となるのですが、うちの会社ではコスト削減のために商品を宣伝するためのチラシ印刷などが廃止となりました。現在ではインターネットなどもほんとうに盛んになっていて、youyubeなどでもかなり宣伝効果をもたらせることができるようになっております。それで、自分が勤めている会社は動画宣伝での移行となり、契約をおこなっていた、印刷会社との契約も取り消しとなりました。自分が思った事ではありますが、印刷業界に失礼かもしれませんが、ネットなどが発達してこれからも発達をしていくであろうと予想をされるなですが、印刷業界は今回でかなりの痛手をくらってしまったのではないのかと思っております。スーパーや新聞紙などまだまだ活躍する場所はあるとは思いますが、それでもメディアというのはこれから印刷にたよらずにネットの動画などやパワーポイントのスライドなどをどんどん活用していくのではないのかと思っております。これから印刷業界がどのような発展をとげていくのか自分自身楽しみです。

便利な印刷物の通販について


印刷通販というのをみなさんは利用した事はありますでしょうか?きっと最近は若い人を中心にして印刷通販を利用した事があるという人は多いと思います。では、具体的にどういう点で印刷通販が良いのかというと、それは印刷通販なら従来からある印刷会社に印刷を依頼するよりもずっと安い価格でやってくれるからです。ですから、これまで印刷通販を利用した事がないという方はぜひ一度は印刷通販を利用してほしいと思います。それぐらい、印刷通販を探せば今はインターネットでたくさん見つかるので利用しない手はないです。では、どうして印刷通販に任せた方が安く印刷できるのかというと、実店舗を構えた印刷会社よりもコストを抑える事が可能になるからです。しかも、印刷通販ならインターネットで簡単に見積もりもできますし、実店舗がある印刷会社にシールやラベルの印刷を任せるよりもずっと手続きも楽です。なのでこれまで全く印刷通販を利用しようと思ってこなかったという方も今後はもっとそういう偏見をやめてシール激安やラベル印刷で有名なアドプリントなどの印刷通販を利用して印刷をしてもらうのが良いです。それで想像以上に簡単に印刷の注文ができてさらに費用もかなり抑える事が可能になるのでぜひシールの印刷通販を利用すべきだと思います。


■デザイン性の高い自分だけのラベル印刷を検討しているならこちら:株式会社アドプリント

広告と印刷

ここ数年で印刷業界の市場は縮小傾向にあります。インターネットの普及や通信技術の発達、スマートフォンや電子書籍の販売開始など、今まで「紙」が役割を果たしていた物がいつの間にか、たくさんデジタル化されました。今では新聞を契約する人が非常に少ないのが現状です。以前はテレビ欄だけを見るために新聞を取っている人は多かったと思います。しかし今では、テレビで番組表がすぐ見れます。新聞を発行している会社でさ…

印刷業界「コピーする時は、大きな味方」

もし教育機関に在籍した経験がある場合、印刷業界は、とても頼もしい存在であることがわかります。すなわち、これをコピーの仕方に限定して考えた場合、とてもわかりやすくなります。例えば、学生の場合、授業で利用するテキスト類をコピーすることがあります。ただ、コピーする著作の数は、1冊、2冊ではありません。本当に無数にあります。これを、1枚10円のコピー機で行った場合、費用がかさみます。もちろん、これら…

TOP